日本リバコン協会会員

リバコン工法

リバコン工法には、構造物の種類・施工条件に適合した各種工法があります。

リバコン塗布工法

<標準>

コンクリートの改質を主体とし防水をはじめコンクリートの構造物の劣化抑制等に用いる標準的な工法。

<湿潤用>

躯体表面が湿潤状態の時に採用される工法。

<アル骨用>

アルカリ骨材反応抑制対策用工法。

<屋上防水用>

結晶生成に必要な期間中、撥水効果を併せ持つ結晶促進剤を用い、雨水の浸入を短期的に抑制する工法。

▲page top

リバコン二層充填工法

<新設構造物>

新設構造物における漏水予防保全を目的とする工法。
主に打継部、貫通管部、ドレーン廻りに用いる。

<止水工事>

既設構造物の止水工法。

リバコン・スティック工法

躯体の深部からの改質を目的とする工法。ドリル削孔し、スティックを挿入する。

リバコン・シート工法

<先付け工法>

コンクリート打設前に、触媒性化合物を含浸した不織布を山留め面に貼り付け、コンクリート打設と共に触媒性化合物を内部に供給する工法。

リバコン・パウダー工法

<先付け工法>

コンクリート打設前に、普通ポルトランドセメントに触媒性化合物と骨材を含んだ粉体を、清水と合わせペースト状にしたものを綱矢板等に直吹きする工法。

リバコン・チップ工法

コンクリート打継面にチップを設置し、打継箇所からの漏水を防止するための工法。

▲page top

リバコン注入工法

<低圧無機注入>

リバコン・リキッド(リキッドAR)と超微粒子セメントを併用した低圧タイプの工法。

<高圧無機注入>

リバコン・リキッド(リキッドAR)と超微粒子セメントを併用した高圧タイプの工法。

 

→詳しくは、お問い合わせを!

リバコン製品ラインナップリバコン工法リバコン製品性能試験